スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖には様々な顔があります。
穏やかな日もあれば、荒れ狂う日もあります。
それは湖上の話し。
当然、水辺や陸上の顔も色々とあります。
大きな琵琶湖なので、北と南、東と西とで様子は大きく変わります。
琵琶湖に関する土地、場所はどこも好きなんですが、強いて挙げるなら、琵琶湖大橋から北の東側、『湖東』エリアが好きですね。
凄く走りやすい湖周道路、長命寺川にそこに続く西の湖、近江八幡から北の岩場の続くエリア、そのすぐ沖にある沖島。
そこから更に北上すると、もう近畿の雰囲気は無くなって行き、中部・北陸地方の色合いが出て来ます。
彦根に長浜。町並みも好きです。
やがて北に行くと、もう『湖北』エリアになります。
湖北も凄く好きですけどね。
はじめて自分の船を引っ張ってランチングして出船したのは長浜港でしたし。その頃は他に鳥人間コンテストの会場の彦根の松原のスロープも使ってました。
その土地その場所で、様々な雰囲気、お店、そして、『人』がおられ、それらも含め、やはり面白いし楽しい。
最近は南湖メインですが、湖東もまた遊びに行きたいですね。
やっぱり琵琶湖は良いですね。
琵琶湖の近くにいれて、幸せです。
そんな琵琶湖で、ワタクシは、やっぱり明日も巻き続けるのでございます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。