スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイ!ドクター!


お医者さんとか病院とか、そういった類のモノが、どうにも苦手で、極力、関わらない様に生きているのですが、こちらのドクターには毎度お世話になっております。

『ドクターなデプスさん』。

藻が繁茂する季節に入ってからは、殆ど、ログ録りも出来てないので、久しく使ってなかったのですが、どうやら、またも新たなバージョンが発表されたとの事で、PC苦手ですが、それ位ならワシにも出来るぜよって事で、バージョンアップ。

遂に、このドクターもバージョン3.9.4に。

とか何とか言っても、数字の意味は、よく分かりませんが。
しかし、頻繁にバージョンアップされます。
その度に色々と使える機能が増えたり、別に関係なかったりするんですが、今回は。。。
まだ、よく分かってません。
英語は困難じゃきに。
まぁボチボチ勉強するら~。

それはそれとて、これも詳しくは分かってないのですが、どうも、このドクターに
『固さマップオプション』
なるモノが追加できる様になったとか?
詳細が分からないのでハッキリとは言えませんが、あくまで勝手な自分の解釈は、ログ録りしたデータの中のハードボトムを表記する機能と言う事で良いのかな?

凄く期待できそうなんですが、これに関しては、無料でダウンロードとかの話じゃなく、有料での提供らしいです。

まぁこれらの機能を活かし使うには、まず魚探掛けの作業が不可欠です。
地道な作業ですが、個人的には嫌いではなく、好きな作業です。
まぁ眠くなっちゃう時もありますけどね。
南湖は、まだモッサリと藻が生えてるので、効率良く魚探掛け出来る様になるのには、まだ先ですね。

広大な下物エリア(実際には下物どころの範囲じゃないけど、便宜上、そう呼ばれてますよね)の抜けた部分のデータ録りをしたいなぁと思ってます。
木の浜エリアも細かくデータ追加したいですしね。
まだまだ新たな発見が待ってます。

探して新たな発見をして、人に話したら、それは有名な場所だったり、実は広く知られている場所だったりなんてのを知らなかったって事は多々あります。

でも、それが面白い。

えっちらオッチラ低速走行で、ニヤニヤにやにや魚探を眺めて。
で、ここらが釣れそうだっぺよ~とか言って、ドボ~ンとディープクランクを放り込む。
そんなオッサンで在りたいのです。

たとえば、湖上でバッタリ知り合いと出会って、一見すると何もないオフショアに浮く2艇だけども、水中の中の事は、お互い分かっていて
「お~、ここの水中の岬やってもエエか~?」
「お~、エエよ、ワシゃあ、隣りのハンプをやりよるけぇ」
なんて会話をしていたい。

なんか、そんなんエエやんって勝手に想ってます。

地形変化の釣りを愛してやまない釣り人は琵琶湖には多数おられます。
経験豊富なベテランさんからしたら、まだまだ場所も知らないし、釣り方も分かってないんやろうなと思います。
まぁでも、自分なりにボチボチやって行きますよ。
たとえ、まだまだ知らないスポットが多かろうが、ショボい場所で知らずに釣っていようが、それも、まぁ経験です。
自分で探して自分で覚えて、時間が掛かろうとも、ボチボチとね。
そんな訳で、ホンモノの医者とは出来る限り付き合いたくはないですが、デプスなドクターとの付き合いは、これからも長く続きそうです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。