スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘディングセンサー

気になるモノのひとつ『ヘディングセンサー』。
自分は、NMEA2000対応のシムラッドの電子コンパスを付けていますが、どうやら、NMEA0183対応の電子コンパスも存在するらしく、そちらの方が、NMEA2000対応のシムラッド社製の電子コンパスよりも安価らしいとの事。
ただ、まだまだ情報が少なく、付けてみた方の話しなどが入って来ない状況です。
NMEA0183に対応していると言う事で気になるのは、それならばNMEA0183対応のハミンバードのGPSにも使えるのか?という点。
使えるのなら、ハミンのGPS機能を充実させる事が出来ると言う事ですよね。
どうなんでしょうね?
ちなみに、NMEA2000対応ならば、ロランスネットを組めるので、ヘディングセンサー一台で、ネット構築さえすれば、前後のロランスのユニット共に、ヘディングセンサー機能を使う事が出来ます。これは、NMEA2000の便利な点ですね。
ただ、シムラッドの電子コンパスは、ちょっと大きく、かさ張ります。
その点、ホンデックス対応のヘディングセンサーは、非常にコンパクトで良いですよね。
あと、ロランスとシムラッドの組み合わせの肝心の機能ですが、船首の位置を表示するのは、しっかりと表示してくれますが、ここから先がホンデックスとの違いで、ロラシムやと進行方向は表示してくれませんが、ホンデは表示します。これは、表示するのとしないのとで、そんな劇的な差が、ある訳やないですが、表示してくれた方が、より便利でしょうね。ロラシムでも表示してくれたらエエんですけどね。
あと、ホンデの古いタイプのGPSでも、バージョンアップさせれば、ヘディングセンサーが使える様になったりするので、古い機種を持たれてる方でも調べたら使えるかも知れませんよ。
と、まぁ何やかやと書きましたが、結局は、まずサカナのいる所を見付けんと話しに、ならないんですけどね。
でも、ヘディングセンサー、便利なのは間違いないです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。