スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンスキャン

昨年くらいから、ずっと「出るらしい」と言われ続けていた、ロランス版のサイドイメージ、つい先日、概要が発表されましたね。
とは言え、まだまだ細かいところまでは分からない状態ですし、日本での発売も、11月頃かとの曖昧発表ですね。
まぁ出る事は確定した訳ですが、気になるのは、HDS以前のモデルでもストラクチャースキャン(ロランス版サイドイメージ)のユニットを組んで、画像を映す事が可能なのかと言う点。
イーサネットケーブルを接続可能な入力ポートを持つ機種なら、ユニットを組んで、ストラクチャースキャンを使えるんじゃないかとの話しですが、やはり、まだハッキリせず、『じゃないか』のレベルですね。
当初の話しでは、振動子に関しても、従来型の振動子でも、ユニットを組み込めば、ストラクチャースキャンを読めるとの事でしたが、最新発表では、ストラクチャースキャンを読める専用の振動子を使わなければならないとかなんとか書いてたので、情報が確定してない内の曖昧発表は、安易に信用しない方が良さそうですね。
で、期待する良い意味で、よく分からない機能が、『ダウンスキャン』ですね。ダウンスキャンの画像を見ましたが、う~ん、これは、どういった映し方なんですかね?
ハミンのサイドイメージには無い機能で、何か期待させてくれそうなんですが、現時点では、よく分かりません。
ロランスを使われる方が増えそうですね。
でも、前にも書きましたが、ハミンの通常の下を映す魚探画像は、なかなか素晴らしいと思いますし、どちらかのみも良いですが、ロランスとハミンの組み合わせも素晴らしいと思います。
まぁ好みであったり、使い方によったりで、色んな魚探の組み合わせやセッティングになると思います。
まぁ魚探無しでもバリバリ釣って来る方も沢山おられますけどね。
まぁ楽しくやれりゃあエエんです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。