スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師クランクDEEPは死なな い


幾度ものピンチを切り抜けて来た、我が漁師クランクDEEP。

ある時は、琵琶湖の沖で、キャスト切れで遥か彼方にブッ飛んで行き、半ば呆然とした時も、奇跡的に風波が無く、クランクが流されず浮いていてくれたので、運良く発見、生還した。

ある時は、トーナメント中、酷使し続けていたスナップがダメになっていたのに気付かずに投げた瞬間に、スナップからクランクが解き放たれ、明後日の方向へ恐ろしいまでのスピードの低いライナーで、石きりの様に水面を何度もホップし、それでも勢いは衰えず、最後には草ぼーぼーの陸にライナーでグサリと突き刺さって行った事もあった。
ルール上、完全に陸に上がってクランクを探索すると失格なので、船を岸に着け、船に乗ったまま、ランディングネットの柄を使い草を掻き分けて探したが、なかなか見つからない。
トーナメント中なのに岸に船を着け、ネットで何かガサガサしていると言う、怪しさ満点、競技時間もったいな!な状態に陥り、5分くらい探しても見つからず、トーナメントが終わってから、またここに来て陸に上がって探そうかと考えた直後くらいに何とか無事発見。
またも奇跡の生還。
さぞや、この時の様子を見掛けた他の選手は「あいつ何しよんなら?」と思った事でしょう。

そして最大の危機と言うか、ほぼ絶望に近い状態に陥ったのが、これまたトーナメント中。
キーパー1本でも充分に貴重な状況下、漁師ディープに掛かったのは、かなりのナイスフィッシュ。
これは、間違いなく『キッカーなサカナ』。
なんて事を頭に浮かべてしまうと未熟なクランカーは、しっかりとバラシてしまうのでした。
それも痛恨のラインブレイクで。
そうすると、サカナを失ったのと同時にクランクも失った事になる訳で。
ダブルなショック、それも結構な心理的ダメージ二つを一気に食らい、しばし錯乱状態に。
少し間を置き、それなりに落ち着いてから、ある程度、流してから、再度、サカナを掛けたストレッチに入り直す。
サカナを掛けた場所より、ちょっと下流側から入り、上陸に向けて流し始めると岸際に怪しい小さな物体が浮いている。
もう、お分かりでしょうが、それは漁師ディープでした。
絶対に戻って来ないかと思いましたが、あっさりと奇跡の生還。
フローティングのプラグなどは、ラインブレイクされても、その後にサカナが上手く外せば浮いて来る事があるとか、よく聞く話しでしたが、それも運が良ければの話しで。
だもんで、この件は非常にラッキーやったんやなと。
まぁサカナには逃げられたんで、微妙な感じですが、まぁそれは自分の責任だもんで。。。

ちゅう訳で、あまり、そういうの信じないしアテにはしないのですが、我が漁師ディープは何か

『持ってます』。

持ってんだか持ってないんだかじゃね?って思われるかも知れませんが、それは使い手の問題であって、あくまでクランクそのものは『持ってる』かなと。

まぁこんだけ書いといて、次の釣行で、あっさりと無くしたりしちゃうかも知れませんが。

まぁロストを恐れず、ガンガン使い続けます!
使えない状態になるまでは、ずっと現役だぜ!

愛と平和の 漁師DEEP!
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。