スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の地図


しつこく続きますが。
LCMで出すマップは、非常に詳細なんですが、意外に見にくかったりします。
要因は色々あると思いますが、やはり表示色が少ないのが一番の原因かなと。(青、薄青、黒の3色くらい?明るい色とかが無い)

その点、Usrファイルのマイトレイルラインの地図は、シンプルですが、任意で深度別でラインの色を変えれるので(4mラインを赤、6mラインを黄色に表示させるとか)、実際に現地で見るには、こっちの方が見やすかったりします。(この記事の写真)
LCMで出す時も沢山のカラーを任意で深度別に使えたら最高なんですけどね。

と、まぁ長々と書きましたが、ここに至るまでに殆どをジムクォーツさんのマニュアルを見て自力でやってたのですが、データベースマネージャーの使い方だけが、自分では理解できず、琵琶湖のT'sFortの寺川さんに教えて頂きました。
琵琶湖でガイドを営まれ、さらにロランスの販売もされている寺川さん。
勿論、ドクターデプスもバッチリ使いこなされてるので、自分の拙い質問にも、しっかりと対応して下さり、分かりやすく丁寧に教えて下さいました。
この時に、その他のドクターデプスの操作や設定なども、お聞きしました。これで、さらにドクターデプスを快適に使える様になりました。

寺川さん、ありがとうございました。

ロランス買うなら、T'sFortお勧めです。

寺川さんも言ってましたが、これだけ便利で"使える"ドクターデプスも、突き詰めて行くと、ああなったらな、こうなったらなとかの要望が、まだまだ出て来ます。

とは言え、今までも、バージョンアップを繰り返し、どんどん進化しているドクターデプス。
きっと、これからも進化を続け、色んな凄い事が出来る様になって行く事でしょう。

取り敢えず、複数のLCMファイルを同時に読める様になるのと、もっと複数のカラーで、ショアラインを深度別で任意設定が出来る様になって欲しい!(ドクターデプスだけじゃなく、ロランス側の問題もあるかも?ロランスも頑張って!)

いやいや、しかし、昔、山立ても、よぉせんで、あれだけ遠かった"下物"をグーンと近いモノにしてくれたドクターデプスは僕にとっては、『夢』のツールです。

ちょっとでも興味持たれた方、『自分の地図』作ってみませんか?
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。