スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピリリと辛い


日曜は世良さんと琵琶湖に浮いて来ました。
KTWスナブノーズS5が、エエ仕事してくれはりました。

スナブノーズS5ですが、自分的には、かなりのお気に入り状態になっています。

レンジ、回避能力、ウイードの抜けの良さ、切り易さ、巻き感など、自分の中での琵琶湖のクランキンにおいて、欲しかったけど今まで無かった部分にピッタリ嵌まってくれて、且つ、エエ魚を呼んで来てくれる。そんな最高な戦力になってくれています。

つい最近まで巨大なクランクばかり投げていたので、スナブS5をはじめて見た時、『小さいな』『飛ぶかな?』と思ったのですが、見た目のサイズにしては投げやすく、結構、しっかりと飛んでくれますし、そのコンパクトボディは、カバーへのコンタクトや抜けを考えるとアドバンテージになり得るし、小さいクランクも『アリ』やと教えてくれたクランクですね。
勿論、意味を持って目的を持って作られた小さなクランクならば『アリ』と言う事を教えて貰った訳ですけどね。
また、見た目のボディサイズの割りには大きめのしっかりしたフックが装着されているのもイイですね。
ビッグフィッシュにも対応できるってなモンですね。

自分の中での琵琶湖におけるクランキンゲームの幅を、グ~ンと広げてくれたクランク。
それが
KTW『スナブノーズS5』
です。

スナブノーズシリーズには他にも、S5より、もうちょい潜る『M5』もラインナップされていて、これまた良いクランクで、さらにクランキンゲームを楽しくさせてくれてます。

小さいボディですが、大きな仕事をやってくれます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。