スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖で一番あぶない男

ちゅう訳で、ウネウネしてたのは説明した通りなんですが、そんなウネウネ中にも、しっかりと湖には赴いてたりしまして。

今年は、5、6回ほど、マリーナまでは行ったのですが、タイミングが合わず、行ったとき全て荒れ荒れで、一度も出航できずと言う状態が続いていたのですが、先日、やっとこさ湖上に浮く事が出来ました。
いやはや、遅めの初釣りになった訳なんですが。

今回は実は二名乗船でして、同船したのは
知る人ぞ知る、九州男児なリミットメイカースタッフのS藤アナリスト!

そう!
今、最も琵琶湖で危険な『あぶない男』の彼です。

そんな男との乗船とあって非常に緊張感溢れる緊迫した船上でした。
アクティバ沖の船団も彼が咳払いひとつするだけで、散り散りに去って行き、貸し切り状態になってしまう。
そんな脅威の男S藤アナリスト。

アクティバが高齢者福祉施設やと言う話をすると

「アクティバて!どんだけアクティブな爺ちゃん婆ちゃんが、おんねん?」

と、ひとりで異常に興奮するS藤アナリスト。

そして、彼が見せた驚愕のテクニック『S藤巻き』。
なんでも手首が痛い為に考えた苦肉の策らしく。。。(詳細はS藤アナリストに直接きいて下さい。)
しまいには、やはり無理が来たらしく、2本しかない某クランカーのタックルの一本を強奪して使い出す始末。
そして、二人ともに、ノーフィッシュで終わり帰港する時にS藤アナリストの言った言葉。。。

「おどりゃ、なんも釣れんかったやないか!わりゃ、罰として、今度ワシが大分に帰省する時は行き帰り運転手せぇや!」

恐るべし、S藤アナリスト。
これにて盆に大分までの強制ドライブが決定しました。。。


と、まぁ冗談は、これ位にしときまして。

首藤君、先日は、ありがとうございました。
また一緒に出ましょう!

そうそう、ご存じの方には説明不要ですが、リアルな首藤君は、純粋で真面目な若者です。
「こないだ、無理やり先輩に連れられて、はじめて『クラブ』に行ってきましたよ。あんな所は僕の行く所じゃないです。」
って言ってましたが、この言葉、非常に彼らしくて何か微笑ましい感じでした。

釣りも仕事も真面目に頑張る首藤君。
自身の思い描く未来に向かってコツコツ頑張る彼。
きっと、積み重ねた努力は裏切らないでしょう。
頑張ってや。


さぁ自分も若者から良い刺激を貰って、これからもガンガン巻いて行きますですよ!
スポンサーサイト

コメント

 
その節はお世話になりました・・・。大分まで運転よろしくです♪またお願いします!!!!!
S藤君

こちらこそ、ありがとう。
大分まで運転するから、今年の旭川戦、全戦、行き帰りの運転ヨロシク!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。