スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時

前回、東条湖でのパドリングの話しを書きましたが、実は、あの時、2艇の方が、レスキューを申し出てくれたんですよ。
知り合いとかではなく、でも、同じプラ中の選手で、エッチラオッチラ漕いでる自分を見つけて気に掛けて下さり、「引っ張りましょうか?」と声を掛けて下さったのです。
まぁギリギリやろうけど何とか自分で漕いでも帰れそうやったのと、あくまで自分の責任やし、他の選手に迷惑を掛けてしまうのも申し訳ないので、お気持ちだけ頂いて、大丈夫ですと断りました。

ちゃんと、この方々の事は書かないとダメでしょって事で、遅ればせながら書かせて頂きました。
あの時の方々、どうも、ありがとうございました。声を掛けて頂き、しかも助けまで申し出て頂き、非常に嬉しかったです。
ちなみに、この2艇のウチの1艇が、この時は、まだ知り合いではなかった『ゆんさん』夫妻なのでした。
後のタッパリング事件の時にも、ゆんさん夫妻がおられ、タッパリング事件の顛末を話すと
「そう言えば、昔、東条湖でも」
ってなりましたね。

いやぁ~、ホンマ、エエ人らや。
ホンマ、ありがとうございます。

まぁトーナメント、試合中は敵同士、真剣に、たたかいあう訳ですが、それと同時に、まぁ言わば同志でもある訳で、まぁ色々と困った事があったりしたら、お互い協力しあって支えあったりしてるモンなんです。
まぁたしかに色んな人がいるのも事実ですが、プロ戦にまで出場してくる程の人なら、大半の人は、お互いの大変さとか苦労とか、細かい実情は知らずとも、まぁ分かるモンなんで、たいがい助けあったりしてますよ。

なもんで、トーナメントに出たいが、独りなので色々と不安で、なかなか一歩が踏み出せない方は、心配しなくても、きっと大丈夫ですよ。
別に変な事してなけりゃ、分からない事があっても、誰か他の選手に聞いてみたら、きっと、ちゃんと教えてくれますよ。
で、そのうち自然に顔見知りが出来たり、仲間が出来たりするモンです。
大丈夫、大丈夫。
だから遠慮せず、出たいなら思い切ってチャレンジしてみて下さい。
出てみたら、きっと『思い切って出てみて良かった』と思う筈ですから。
こんな、クレイジーなクランカーでも、なんとか?やれてる?ので大丈夫ですよ。
まぁそれでも不安なら、クランカーんとこに来て頂いても結構ですので。
『クランクしか投げたらアカン』
とか、そんな事は言いませんので。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。