スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野妹子

琵琶湖で釣りをされる方なら、ご存じかと思いますが、『和邇』と言う地名が琵琶湖には存在するのですが、ちょっと前に、その和邇をクルマで通り過ぎたんですね。
その時に、和邇の道並みに、ノボリって言うんですかね、まぁ旗がね、何本か立ててあったんです。
で、何て書いてあったかと言いますと、ハッキリとは覚えてないのですが
『小野妹子の故郷 和邇』
みたいな感じの事が書いてあったんですね。
それを見て

「へぇ~、あの。あの、奴のね。へぇ~。」

とか、まるで知り合いかの様な感想を抱きました。

しかし、妹子も和邇川で、ウェーディングとかしてたんですかね?
遣隋使として海を渡る航海中、きっと荒れる事もあったでしょうが、そんな時も

「いやぁ~、琵琶湖北湖も、たいがい荒れるけど、やっぱり海には、かなわんな~。」

とか言うてたんですかね?

と、まぁどうでも良い事を妄想している訳なんですが、まぁ平和っちゅう事ですわ。

愛と平和のクランキンですわ。
久しぶりに書きましたわ。
スポンサーサイト

コメント

 
ブログ読んでナゼか
「天のはらふりさけみれば春日なる 三笠の山にいでし月かも」
を思い出した…

調べてみたら、遣唐使の阿倍仲麻呂だった…_| ̄|○
おぉ、百人一首ですね。
坊主めくりって、ありましたよね。あれって、どういったルールでしたっけ?
なんか、蝉丸(字、合ってるかな?)が、特別扱いやった様な記憶があるのですが・・・
間違ってたらスイマセン。
あの娘は、大変美しく、とてもかわいかったらしいですね~!



無視していただいて結構だっ!!
クランカー誕生日オメデトv-81
坊主めくり…
http://www.tnc.ne.jp/oasobi/oasobi03/101hyakunin/04.html
蝉丸ってどーもホンマに特別な存在みたいやね(汗;
「せみまろ」って読むんですって高校時代の古典の倉田先生が言うとったな~
てんちょさん

無視しません!
てんちょさんの勇気に乾杯!
さわっちさん

ありがとうございます!
恥ずかしながら、またひとつ歳をとってしまいました。
ムツヲさん

おぉ!
教えて頂き、ありがとうございます!
「まる」じゃないんですか?「まろ」?初めて聞きました。
しかし、セミの親父は何故に特別扱いなんでしょうか?
一体、何をしでかしたんでしょうかねぇ?

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。