スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村監督と吉井コーチ

先日、クライマックスシリーズ敗退をもって、イーグルス監督を退任した野村‘元’監督。
試合終了後には、自身のチームによる胴上げの後、対戦相手のファイターズからも胴上げされた様で、これまでの野村氏の実績・球界への貢献度などを考えれば頷ける光景ですが、ファイターズ側の対応も粋で素晴らしかった様に思います。
野村監督・・・たしかに色々ある方で、手放しに素晴らしいとは言い切れない部分があるのも事実ですが、それでもやはり野球界における氏の功績は偉大な様に思います。
野球が好きで堪らないと言うのが伝わって来る人で、この人の野球は、やっぱり面白い。観ていてワクワクさせられますもんね。
自分にとっては、色々あるけど憎めん凄いオッサンって感じですね。
この胴上げは野村さんにとって、掛け替えの無い財産であり、素晴らしい功績の証しになった事でしょう。野球人生の中でも最高に幸せな時間のひとつになったに違いないと思います。

この監督最終試合となった瞬間、試合終了直後、真っ先に駆け寄り抱き合ったのが、相手チームの吉井投手コーチ。スワローズ時代は監督と選手の間柄で、いわば、かつての師と教え子の関係のふたり。時が経ち、立場や関係やチームが変わっても、恩師の最後をこうやって送り出す。そして送り出される。非常に素敵な光景ですね。

昔に、この吉井投手がスワローズからFA移籍してメジャーリーグに渡り現役の頃、コンディショニングコーチの先駆者の立花コーチとテレビに出ていて、野村監督の事を語っている時に、吉井投手が「野村さんは、常に向上心を持っていろと言っていた。満足したらそこで終わりだと。常に上を目指せと。それなのに日本人選手がメジャーリーグに行くのを批判的に言う・・・日本を捨てやがってとか・・・自分が上を目指せって言ってたくせに・・・ゴニョゴニョ・・・」とコメントしていて、それを聞いた立花コーチが「ちゃうて、野村さんも寂しいんやて、日本人選手がドンドン、アメリカに行ってしまうのが。」と吉井投手を諭していた場面があって非常に印象的で、自分は、この時のやり取りをよく覚えていました。
立花コーチの言っている事は多分当たっていると思います。そして、吉井投手も野村監督を本当に嫌いなら、こんな発言をしなかっただろうし、自分がメジャーに行く時に快く送り出してほしかったんかな?と思えるカワイイ愚痴でした。どちらの気持ちも汲んで吉井投手を上手く諭していた立花コーチは流石やなぁと思ったモンでした。
この事を覚えていた事もあって、吉井コーチがチームの枠を超えて野村監督に抱擁しに行った事に、より感動してしまいました。
吉井さんも素敵やね。

しかし、こういった光景はホンマに素敵ですよね。
先日の近畿ブロックでも引退された大会役員の方へ今までの功労・功績を表彰して盾を贈られ、関係チャプターの選手・スタッフ一同が、感謝の言葉を贈り、この方を胴上げする場面がありました。
功労者に敬意を払い、お礼を込めてしっかりと送り出す。素敵なことです。

NBC、たしかに色々ありますが、各チャプターそれぞれには素晴らしい運営をされて尽力されている方々がおられるのも、また事実。
そういった事を選手側も忘れない様に意識して行きたいものです。
お互いに敬意を払いお互いに感謝し合える、そんな関係でありたいモンです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。