スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六地蔵の池?沼?

京都伏見に六地蔵と言う地名の場所があります。隣の宇治市とも、またがって存在する地名です。
ちなみに六地蔵と名の付く地名は、日本各地に存在するみたいですね。
そんな京都の六地蔵ですが、地元の方なら、ご存知でしょうが、バスも釣れる池がありました。
感じで言うと、沼っぽくもあったんですが、実際、この水域は、どちらのカテゴリーに属していたのかは分りません。それどころか、正確な池?沼?の名称も実は知りません。少なくとも自分の周りでは、正確な名前を知っていた人はいなかった様に記憶しています。みんな、『六地蔵の池』とか、『六地蔵池』とか呼んでました。
そんな六地蔵の池?ですが、そんなに大きくはなかったですが、小さいわけでもなく、なにせ凄く目立っていました。と言うのも、この池?、山の中とかではなく、平地の真ん中、幹線道路から丸見えの場所にあったのです。
もともとの、この土地の様子は知りませんが、道路を造ったり、周りにマンションや建造物を建てたりと色々と土地に手を加えていく中でも、池だけは残された、そんな感じでした。
池は北と南に別れていて、その真ん中を幹線道路が、ズバッと通っていて、道路の下に水路を通して南北の池を繋げていました。だから、もともとは別れてなくて一つだったのを道路を通す時に一部を埋め立てて、そういう形になっていたのかも知れません。

この六地蔵池、周辺こそ道路が通ったりして、かなり人の手が入っていましたが、池とその水辺は全くほったらかしで、そのおかげか、非常に生命感あふれる健康的なフィールドでした。畑とかも隣接してましたね。そして、この池は先日、書いた山科川に繋がっていたりするのです。
決して大きくない水域でしたが、生き物は沢山、存在していて、フナやらモロコやらもイッパイいて、バスも結構な大きなサイズが釣れましたし、亀とかも釣れちゃいましたね。
そして何より、ライギョが沢山いたんですよね。ここでライギョもたくさん釣らせてもらいました。
ホンマ、ここもクルマで釣りに行く様になるまでの自転車・原付時代には、近い事もあって、朝の少しの時間とか、夕方からチョッと行って、気軽に楽しめる、それでいてライギョも釣れたりする楽しい場所でした。

池の沢山ある地域に近い方からすれば、こんな光景は珍しくも無いことかも知れませんが、京都市と言う土地は釣りの出来る池というのが本当に少ないんですよ。ましてや、移動手段の限られる子どもたちの遊べる池とかは、ホントに少ない。その分、川や琵琶湖が近かったりはするんですけどね。
そんなわけで、この池は貴重な存在やったんですね。

ですが、この池は、今はもう存在しません。

埋め立てられて、その上にはマンションが建っています。

埋め立てた事やマンションが建った経緯については、よく知らないので何とも言えませんが、かつて遊ばせてもらっていた場所が無くなってしまったのは、まぁ寂しいし残念ですね。

だいぶ昔、自分が小学生くらいの頃、自分がへら釣りを、ここでしている時に、年輩のヘラ氏の方に
「へぇ~、若いのに、ヘラやるんか。ワシの使わん様になったウキやるわ。」
と年季の入った木製のウキケースとヘラウキ数本を頂いた思い出があります。

あの、おっちゃんは今も釣りしてるんやろか?

ヘラも、また、いつか再開したいですね。

流石に、ヘラはクランクでは釣りませんが。(まれに釣れますけどね)
スポンサーサイト

コメント

 
10年ぐらい前に、1年間醍醐に住んでました。なつかしいですね。
そうなんですか、醍醐におられたんですね。
ちなみに自分の実家が桃山なんですよ。
六地蔵の池!今から17年?前くらいに、雑誌の釣り場情報で、「メーター級の雷魚が釣れる」ということで、京都の友人に連れられて行ったことがあります。期待でいっぱいの我々の眼前には、ショボイ小さな沼が・・・。あれは既に埋め立てられていたのでしょうか?だまされた思いでしょんぼり帰った苦い思い出があります。いまだに笑い話になるくらいのショボさで、ルアーを投げるなんて、恥ずかしくてできませんでしたよ。かつてはホントに釣れたんですね。雑誌はウソではなかったと・・・・ちょっとスッキリしました。
それは かなり残念ですね… 近場に池って呼べる場所が無いオイラですが 釣れる場所でも釣れなくても自然が無くなるのは残念です
ザリガニが沢山いた大きな水溜りみたいなジャングルじみた場所もいまや 住宅街に 虫を沢山捕まえた記憶が


ヘラは僕もやってました かなり昔の話しになりますけど(笑)
全てがヘラ竿から始ったんです僕
行かれた事あるんですね。
たしかに、遠征して来て一日を使うほどの規模は無かったですね。周りにたくさん池があるなら、何箇所か回るうちの一つとして来る価値はあったかも知れませんが、あの周辺には他に池なんてありませんでしたしね。
メーター級は自分も釣った事はありませんでしたが、存在はしてた様に思います。70位までなら釣ってるので。それこそ、もっと昔なんかは、もっとサカナ多かったかも知れませんしね。
以前にも、この手のお話しをコメントでして下さいましたよね。
そうですね、自然が無くなるのは複雑ですね。
様々な事情や背景を無視して、なんでもかんでも自然が自然がってのも、また違うかとは思いますが、そういうこと抜きにして、単純に残念で寂しいですよね。

フナにはじまりフナに終わる

じゃないですけど、なんか、でも、そんな感じの方、やっぱり多いですよね。
何やかや言うて自分もそういう風になって行くのかもしれませんね。
僕も琵琶湖からの帰り道によくその池に寄り道しました。
車で通って、無くなってるのを気付いた時、悲しかったi-240
わだっちさんも、ここで釣りした事あったんですね!
しかも、琵琶湖の帰りの寄り道って、わだっちさんらしい!流石ですね!
でも、やっぱり池が無くなっちゃったのは悲しいですね。
六地蔵は、仕事でも、以前住んでいた八尾と琵琶湖を結ぶ道としても、とても馴染みの深い場所です

でも、今はほんと住宅街ですね~
思い出の野原や池がなくなるのって、寂しいですね・・
お~! TNKさんにも馴染みのある土地やったんですね。

いや、しかし、たしかに思い出のある環境が失われて行くのは寂しいモンですね。
開発の全てを否定する事は出来ませんが、これからは、自然とも上手く共存出来る様な開発を目指して行って欲しいモノです。
懐かしいです…釣りもそうですが、あの不思議な感じが堪らなく好きでした。
六地蔵池が埋め立てられた時は本当に寂しい限りでした
インターネットで探しても画像すらないですが今も心に残っています☆
熊さん、コメントありがとうございます。
だいぶ前の記事ですが、いやはや、六地蔵の池、懐かしいですよね。
マンションが建ってから、それなりの時間が経ってしまい、今となっては、池の名残を感じる事も無く、池が無いのが当たり前な感覚になっちゃいましたが、コメント頂き、また、思い出して懐かしさを感じれました。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。