スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山科川

川の話しが続きますが、今回は山科川。
川幅の大きな川ではないのですが、上流から下流にかけて、見た目の川幅の大きさに関わらず、結構、距離のある川で、自分が、よく通っていたのは、その山科川と宇治川の合流地点付近。
最近は、全く行かなくなりましたが、自転車しか移動手段が無い頃から、原付に乗る様になる頃まで、よく通った場所です。
このエリアの山科川自体はコンクリート護岸された川ですが、宇治川と繋がっている事もあり、合流地点での地形変化、水のヨレや変化など、条件が揃っていて、結構な種類と数のサカナが、このエリアにはいました。
普段は山科川側は水量が少なく水位も低いのですが、雨が降った後に水位が上がって、宇治川からサカナが入ってきた時なんかはチャンスでしたね。
ここでは沢山、遊ばせて貰いましたね。
化けもんクラスのビワコオオナマズを釣ったのも、ここです。このビワコオオナマズを掛けてからのやり取りは、なんて言いますか、瞬発力は無いけど、ゆっくり引っ張って体を持って行く年いった大型犬との散歩みたいでしたね。相当な時間をかけて水面まで上げてきて、その魚体、その面を見た時は、ホンマ、『化けもんや!』って思いましたね。
思えば、ここでも、よくナマズが釣れました。マグナムトーピードを水柱を上げながら『ドッバ~ン!』と大型のナマズが襲いかかって来たのも印象深いですね。マナマズ、イワトコナマズ、ビワコオオナマズのナマズ三種釣りも、ここで達成しました。
ナマズの話しばかりですが、バスも釣ってまして、『川バスって、よく引くな』ってのを教えてくれたのも、ここですね。

久しく行ってないので、現在、どういう状況なのかは分かりません。どうなってるんでしょうか?
色々と工事を繰り返して、その度に釣れなくなり、生物の生命感が無くなっていってましたが、今は、どうなんでしょう?
スポンサーサイト

コメント

 
山科川合流点は今も一級ポイントですよ。ルアーニュースというコンビニで売っている釣り新聞に山科川合流点が紹介されているくらいですから。僕も週末にバスを釣らせてもろてます。ワームによっては入れ食いを体験できる貴重な釣り場です。
やませんこうさん
だいぶ昔のブログにコメント頂き、ありがとうございます。
今も、あそこは良い釣り場なんですね。
かなり久しく行ってないですわ。
側は、毎日の様に通ってるんですけどね。
なんか懐かしい気分になりました。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。