スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のタッパリング

1254570559-091003_1601~01.JPG
大人の事情で、やって来た某湖。
とある東海の青年と同船。
エレキ艇。
ルールで夕方4時までにも関わらず、帰着桟橋まで結構な距離で、バッテリー切れ。
オールもパドルも無し。
戦慄が走る船内。
失格の二文字が二人の頭の中をよぎる。
絶対絶命か?


しかし、そこで、とあるブツを東海の青年が見つけて、手にして、そして差し出して、こう言った。

「これで漕いで下さい!」

それが写真のタッパーのフタ。(実際には、タッパーじゃなくて小型のコンテナBOX)

「マジかい?」

そこから、フタを手にした、クランクしか投げない某青年。
漕いだ。
漕いだ。
必死のパドリングならぬ『タッパリング』。
それでも間に合うかどうか紙一重。。。
途中、途切れそうな気持ちを鼓舞する為に、クランク青年の歌が某ダム湖に響き渡る。

どうだ?
ダメか?
間に合うか?


そして。。。


間に合った。

奇跡が起こった。

奈良の山の中の小さなダム湖にて、確かに奇跡が起きた。

クランク青年の奇跡のタッパリングが、ひとりの東海の青年を救った。。。


そして、明日
2009年10月4日
JB津風呂最終戦

次は東海の青年が奇跡を起こす番。

乞うご期待。

それでは、津風呂湖畔より愛を込めて。。。
タッパリング木村
スポンサーサイト

コメント

 
先日は、タッパリングお疲れさまでした
筋肉痛は大丈夫でした?

桟橋から、終盤の一部始終を目撃し、タッパリングの速さと技術の奥深さを痛感しました(笑)

今期の某湖戦は終了しましたが、広大な琵琶湖で更にバージョンアップしたタッパリングに出会えることを楽しみにしてます
先日はお疲れ様でした。
フライト時、迷惑を掛けてしまい申し訳ありませんでした。

なんとか筋肉痛には、なりませんでしたわ。
琵琶湖でも通用するタッパリングを体得して、お見せいたしますね!
異次元のタッパリングを!
愛と平和のタッパリング!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。