スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のライジャケ

何年か前、たまたま予定の無い連休に入り、「何しよかな?」と思って「せや、河口、行ってみよ。」とフラリと河口湖に行った事が、ありました。
行った時は、たまたまJBトーナメントの前日で、プラクティスに入られる選手の方々を目の当たりにしました。
当時、自分は、まだトーナメントには出ておらず「お~JBの人らや。プラってヤツを、やらはんのかな?」とか思いながら、準備されてる選手の方の様子を見させて貰ってたんですね。
すると、ある選手がクルマから出てボートの準備をしようとした時に、クルマから犬(ミニチュアダックスフンド)と一緒に出て来たんですね。で、すぐ近くに犬を繋いで、ボートの準備を、され出したんですね。
で、準備完了、出発かな?と思って見てるとクルマから何やら取り出して、犬に着せたんですね。
そう、犬用のライジャケ。
で、犬と一緒に船に乗り、プラへと出航されて行きました。
これを見て「へぇ~犬のライジャケってあるんや。」と思ったと同時に「JBって、あんな感じの人も、いはんねや。」でした。
まだ、トーナメントに出ていなかった自分は、JBと言うと、もっとゴリゴリにストイックにされてて、前日プラなんか、ピリピリしてるモンやと思ってたんですね。
それが、見てみたら、何か感じの良いアウトドアの方みたいで。考えたら、まぁ釣りってアウトドアなんで不思議やないんですが。
そんなんもアリなんやなぁ~って思いましたね。
で、実際にトーナメントに出る様になって、様々な選手の方と接する様になって分かった事は、まぁこれも考えたら当たり前の事なんですが、本当に色んなスタイル、色んな考え方の方々が、おられると言う事。
その中でも、自分が見て『イイな』と思う選手は『自分を持っている』選手。
良い意味で他人は他人、自分は自分とブレない意志を持った選手。それでいて、他人が、どうでも良いと言う訳では無く、ちゃんと他の選手の考え方やスタイルも尊重し理解した上で、自分を通す選手。ごちゃごちゃ言い訳したり、他の選手の事を、意味の無い事で、とやかく言わない選手。
この上で、マナーも良く、新人の選手に色々ルールとかも教えてあげる様な選手なんか本当に素晴らしい選手と思います。
自分なんか何も偉そうな事は言えませんが、日々学習で、良いなと思える選手の言動は取り入れて行って、より自身を高めて行けたらと考えています。
そうそう、上に書いたのに加えて更に『楽しそうにされてる』なら、もう、自分的には最高の選手ですね。
色んな考え方があり、人それぞれで、だからこそ面白いんであって、だから、これが正しくてアレが間違ってるって、そんな話やなくて、まぁお互いを認め合いましょう。より良いトーナメントにして行けたら良いですよねって話しです。
釣りの技術、試合の巧さも大事ですが、そればかりが最優先されて何か大事な事が疎かにされたりするのが寂しかったり、恐かったりもするモノで。
まぁ犬と一緒に出てるから良いって、そんな単純な話やなくて、それでいて他の面も優れた方なら、それは素晴らしい選手やろうなぁと、まぁ今になって思う訳です。
真面目な方や、勝手が分からず、『トーナメントに出てみたいけど、自分なんか出ても良いのかな?』、『プラ入れへんけど試合なら出れるし、出たいんやけどアカンかな?』とか考えられる方が結構おられますが、『出たい』と思われた時点で、もう充分に出る資格を得られてると思いますよ。
勿論、ルールやマナーは守らなければなりませんが、それが大丈夫な人は、バリバリ出て下さい。そして、楽しくやりましょう。良いトーナメントにして行きましょう。
「俺は犬を連れてプラするよ」
「なかなか休めなくてプラ入られへんけど、なんとか試合は出れるし、エントリーするわ」
とか、そんな感じエエですやん。
沢山、素敵な方が増えて良い雰囲気の会場になったら最高ですね。試合に出たいけど、色々、不安な方は声を掛けて下さいね。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。