スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の夜の灯

と言う訳で、南国から琵琶湖に着いたのは、もう日付が変わっていました。
船を置きに行く場所が、元々、田舎チックな所なので、夜遅いと寂しい感じかなと思っていたら、橋を渡ってすぐの大型ショッピングモールの照明がエエ感じに点いていて、寂しくなく、何か、ありがたかったですね。
オマケに結構、人が歩いてましたし、その大型ショッピングモールの駐車場にも、まだ結構な数のクルマが。
一部の店舗は、まだ開いてるのかな?映画館のレイトショーとか?
でも、外の空気感は深夜の静かな空気。人はポツポツいるけど、ザワザワしてる訳やないと。何か、とても心地の良い雰囲気が漂っていました。
真っ暗で寂しいのかなと思ってたので、何かホッとしました。
船を停めさせて頂いている場所も、少しだけ照明がありますし、しかも、この時は、すぐ向かいの湖岸沿いの公園から、「パン、パン」と花火が。
うるさくなく、でも明るくて綺麗で。おかげさんで、エエ気持ちで船の片付けが出来ました。
考えてみたら、8月最後の日曜やったんですよね。そう思うと、この、まったりとした素敵な雰囲気の湖岸の静かな花火も「あぁもう今年の夏も終わりか」と、また違った感覚で見えました。
また来年まで夏は、お休みですな。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛と平和のクランキン All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。